プロテインの相性

プロテインには大きく分けてホエイプロテイン・カゼインプロテイン・エッグプロテイン・大豆プロテインと4つの種類があります。しかし、どのメーカーもホエイプロテインとカゼインプロテインを混合したプロテインが主流となっています。
Protein for Bodybuilding - About Weight Training

これは、エッグプロテインや大豆プロテインよりも安価に製造出来る事で、商品価格自体も安く抑えることが出来、消費者のニーズと合っている事が一因と考えられます。
海外プロテインドットコム
 ところで、日本人は欧米人に比べ牛乳の脂肪分を分解する働きが弱いと言われています。日本人の多くは牛乳を飲むと大なり小なり、おなかが緩くなります、牛乳に含まれる脂肪分を身体が毒素と認識し排出しようとするのです。

この働きが、腹痛や下痢となって表れるのです。実は現在主流となっているホエイプロテインとカゼインプロテインは原材料が牛乳なのです。勿論牛乳を直接飲む訳ではありませんので、おなかが緩くなったりアレルギーが反応するという人は多くありませんが、やはり人によっては相性が合わないという人も出てきます。

 そんな時に代用できるのが、エッグプロテインと大豆プロテインです。エッグプロテインはホエイプロテインと同じく消化吸収の早いプロテインです、いや品質で言えばエッグプロテインの方が高品質です。
Fitness Myths - Protein

しかし、価格の面で高価な為、アレルギー反応が無い人が手を出す事は中々無いでしょう。大豆プロテインはカゼインプロテインと同じく吸収速度が遅い為に腹持ちも良く、ダイエット目的には最適です。大豆プロテイン100%配合の方が太る成分が少ない為、ホエイとカゼインの混合プロテインよりも大豆プロテインを求める人も多く居るそうです。
プロテインのコツ
 また、卵アレルギーや大豆アレルギーの人でも飲めるライスプロテインも販売されています。タンパク質以外の香料や甘味料等の成分が合わない場合もありますが、最近のプロテインはどんな体質の人でも飲めるように様々な種類が揃っていますので、自分の体質と相性が悪いと思ったら、色々な種類を試してみてはいかがでしょうか。